徳山地区精神保健家族会のはじまり

前回、徳山地区精神保健家族会は昭和54年に設立したと書きましたが、いろいろ調べて行くうちに、昭和53年創立という話も出てきました。

 

実は、昔を知る方が少なく、ここのところをはっきり調べることが出来ませんでした。

また、設立後の資料もなく、次にわかったことは、昭和60年に作業所を開設したことでした。

 

ここからは推測ですが、家族会設立後、保健所の保健師さんや職員さんと一緒に定例会や勉強会、視察などをしていたのではないかと思います。

その中で、作業所の話が出たのではないでしょうか?

 

当時は、病院から退院しても、家以外に行くところがありませんでした。

きっと、家族の方は困り、どうにかしないといけないと思ったことでしょう。

また、あの頃は、全国で家族会運動が盛んになり、作業所設立の機運が高まった時期でもありました。

 

徳山地区精神保健家族会作業所を創ろう!という話になったと思われます。

 

さて、作業所の第一歩は、新南陽のあるお寺から始まりました。

 

写真は平成になってからのもの。講師を招いて勉強会と思われます。

IMG_0209