便利屋さん!除草の巻

IMG_6516 (800x600) IMG_6528 (800x600)梅雨が明け、連日猛暑ですが、下松市在住の方から除草のご依頼をいただき、7月12日にさわやか工房メンバー、職員で作業をおこないました。

広いお庭なので一部ですが、作業前、後の写真です!

さわやか工房では、一般のお宅の除草作業も請け負っております。

個別に見積りをさせていただきますので、お気軽にご相談ください!

さわやか工房 ☎0834(33)5828

 

小規模作業所認定書

IMG_0339 (638x479)徳山地区精神保健家族会は、昭和60年から「徳山地区精神保健家族会共同作業所」、平成10年から「徳山地区精神保健家族会共同作業所分室コスモス工房」を運営してきましたが、実は、県に正式に認められたのは、平成10年6月29日のことでした。

 

当初、運営は家族の手弁当(家族がバザーや寄付などで運営費を調達する)で始まり、そのうちに市町から補助金が出るようになり、次に国から補助金が出るようになり、最後に県から補助金が出るようになったという順番だったからです。

 

このことから、金銭面ではさまざまな苦労があったことが理解できます。

これまで、家族がボランティアや指導員になって人件費を抑えるなどしてきました。

しかしながら、家族だけで作業所運営を継続していくことにも限界を感じていたのも事実だったと思います。

 

平成11年、作業所はこれまでボランティアとして第三者を受け入れ来ましたが、家族以外の方を初めて雇用することになりました。

それはつまり、精神保健を学び、理解して支えようとする第三者が出てきたという事でした。

ここから、次の展開が始まっていきました。

 

コスモス工房の誕生

利用する人が多くなったこともあり、平成10年3月2日、下松市潮音町に徳山地区精神保健家族会分室「コスモス工房」が誕生しました。

 

分室を設置するに当たり、家族会や保健所、ボランティアの方々が、各方面に働きかけを行い、活動に賛同してくださる大家さんとの出会いがあったことで、実現することが出来ました。

 

開設当時は、10人未満の利用でした。

 

平屋の民家でしたので、作業を行うだけでなく、皆で料理を作って食べたり、下松市在住の家族の方が編み物をする場になったりしました。

 

精神疾患のある方や家族にとっても、もうひとつ、自宅以外の場所ができ、下松市だけでなく光市の方が通いやすくなったこともあり、少しずつ人数が増えていきました。

キラリンピック

5月13日(日)に今年もキラリンピックに参加しますわーい (嬉しい顔)

3月ぐらいから練習してます手 (チョキ)うれしい顔

私は、今回はスラロームとソフトボール投をします手 (チョキ)

でも当日が雨予報なのがとても心配です冷や汗 (顔)

晴れますようにわーい (嬉しい顔)

クロネコIMG_6407 (640x480) (2)

 

 

ヒヤリハット

皆さん、こんにちは。
今日午前中に、「安全衛生計画」がありました。
テーマは、「ヒヤリハット」という事で、工房での作業の時や普段何気なく送っている
生活の場面場面の中の思わず「ヒヤリッ!」とするような事柄を危険性をその対策とともに学びました。
工房内では、高い所にある必要なものは自分で物に上って取ろうとせず、職員に取ってもらうことや
スプレー缶を使用した後のガス抜きは、抜き方まで丁寧に教えてくださいました。
どれも自分で行うことはせず、工房に居る時は、必ず、職員にやってもらうという事を学びました。
これからの)作業を行う中で役立てたいと思いました。

魔法使い