メンバーと研修をしました

2月5日午前中に2つの研修をしました。

一つ目は、安全衛生計画

今回のテーマが「清潔を保つことについて」

お風呂に入る目的やその効果などを、職員お手製のポスターを使いながら行いました。

改めて清潔について考えると、いつも何の気なしにやっている事には、意味があることがわかりますね。

二つ目は、「虐待について」

平成24年10月施行の「障害者虐待防止法」について学びました。

私達職員は毎年外部研修を受け、施設内でも虐待に関する研修を行っていますが、今年初めてメンバー向けの虐待研修を企画し実施しました。

メンバーに正しく虐待のことを知ってほしい、もし虐待があったら誰かに相談できるようにすることは、とても大事なことです。

本人が虐待されていると認識できない場合もあるため、今後も意識を高めていくことが求められています。

虐待をなくすためには、一人ひとりの人権を尊重する意識を高めること、とても大事な事ではないでしょうか。

今後もさわやか工房では、研修を続けていきます。

IMG_8052 IMG_8058

 

糀町自治会のどんど焼き

1月14日(祝)に糀町公園で、糀町自治会のどんど焼きが行われ、さわやか工房のメンバー、職員も参加させていただきました。

毎年、子供会の保護者の方も含む自治会の方々が、前日から準備をされています。

今年は、昨年町内に新しいマンションが出来たこともあり、お子さんの参加が少し増えて、にぎやかでした。

竹を組んで、その中にお飾りや習字の練習したものなどを置き、火をつける。住民の方が「火を見ると心が沸き立つ感じがしますね。子供も火を触ることがないからね。」と言われていました。

確かに、日常で火を使って何かをすることはほとんどないですから、大人も子供も感じるものがあります。

自治会長さんは「出来るだけ行事はやっていきたい。」とおっしゃっていました。

いろいろな体験をする、これは子供さんだけでなく、私達も同じですね。

同じ時間を共有し、言葉にはできないけど、何かを感じる。

この積み重ねが大事だと、日々メンバーの様子を見ていて思います。

さわやか工房も、この町の一員として、皆さまの活動に少しでもお役に立てたらと思っております。

 

鏡開き

1月10日、11日さわやか工房で鏡開きをしました。

あれ?2日間?

そうなんです!2日間にしたのは、メンバーによっては、1日にすると食べられない方もいらっしゃるので、今回は2回してみました。

炊いた小豆は1.25㎏!

たくさん炊くと、美味しいですね。

10日はくもりで寒かったので、ぜんざい日和でした。

IMG_0501

避難訓練をしました。

IMG_0496 IMG_04991月8日(火)午前中に、避難訓練と救急蘇生法の一部を行いました。

10時頃、ストーブが倒れて火事になったとの想定で、安全を確認しながら糀町公園に避難。その後周南市消防署の方にご指導いただき、的を使った消火器訓練、AEDの扱い方、胸骨圧迫の練習を人形を用いて行いました。

昨年から利用者も職員も一緒になって、AEDや胸骨圧迫の練習をしています。

さわやか工房にもAEDを設置していますので、いざという時のために使い方を復習。

胸骨圧迫は、消防署の方から「胸の真ん中を重ねた両手で強く・速く・絶え間なく圧迫します。30回連続して絶え間なく、2分を1セットで!」と指示があり、実際に職員が行いました。

かなり大変です!

メンバーもどこを圧迫したらいいのか、どのくらいの強さで押したらいいのかを体験しました。

いつ何時おこるかもしれない・・・そう意識しながらの訓練でした。

周南市消防署の方々、ありがとうございました!

 

本年もよろしくお願いいたします

年が明けてもう8日目、早いですねえ~

さわやか工房は、1月4日から初仕事でした。

メンバーさん、みんな元気に通所してこられました。

午後のミーティングでは、「今年の目標は、毎日通所できるようにすることです!」といった声が聞かれ、意欲的な目標が飛び交っていました。

本年も、さわやか工房の作業や活動の一コマをお伝えできればと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。